インターンシップ生募集

インターンシップの受け入れについて

モリエンのインターンシップの目的

多くの学生さんは、モリエンで扱うペンキ(塗料)というものになじみがないはずです。
ペンキは、とても素晴らしいものです。
ペイントは、とても楽しいことです。
こうしたペンキやペイントの魅力をたくさんの学生さんに知っていただき、就職活動において「塗料を扱う会社って面白いんだ」と気付いて頂く事が、モリエンのインターンシップの大きな目的です。
また、「モリエンの社長や社員ってどんな人?」「モリエンではどんな仕事をしているの?」といった学生さんが知りたい会社のことを、直に知っていただく機会と考えています。
第一線で活躍している先輩たちは、学生さんとそれほど年齢が離れているわけでもありませんので、すごく身近な先輩の意見としてモリエンという会社を知って頂く事ができると思います。

写真:先輩社員

インターンシップではどんなことをするの?

モリエンでは、実際にペイントを体験していただく「ペイント体験会」や、社長みずからが中小企業と大企業の違いなどについてレクチャーする「企業研究会」などの1dayインターシップを実施しています。
「日本中をペイントファンに」というモリエンの経営理念を実現するための取り組みなども紹介。
会社全体についてわかっていただける、楽しくて、ためになるプログラムとなっています。
その他に、ソフトバンクさん等の大手でも取り入れられている、「経営」をゲーム感覚で学べる研修(MG研修)など、みなさんが社会人になるまでに会社の経営について学べる研修にも力を入れて取り組んでいます。
晴れて入社を頂いた初日から、みなさんはモリエンの事を良く知り、経営の事を良く理解した上でスタートに立てるので、ゼロからの社会人スタートではなく、7も8も会社や社会の事を理解したうえで業務に取り組んでもらえるので、早くから責任あるお仕事をお任せする事ができます。
インターシップ後の懇親会では、気軽に社長と話をしたり、さまざまな社員から仕事内容などを聞くことができます。
会社の中とは少し違った先輩社員の雰囲気にも触れて頂き、モリエンという会社を隅から隅まで知って頂く事ができます。

ペイント体験の様子
ペイント体験の様子。こんな体験はあまり出来ないんじゃないでしょうか?
先輩のお仕事の様子
先輩のお仕事を見学!
懇親会の様子
懇親会では社長とどんどんおしゃべりしてください!

インターンシップを経て入社をした先輩

写真:谷

気は優しくて力持ち。お客様の対応はとても丁寧です

営業サポートチーム
谷 勇佑
Yusuke Tani
2013年入社。大学はラクビー部に所属。社長の魅力が入社の決め手。

体育会系の男性はぜひ。フットサル部もできました!

ペンキの缶を運んだりする力仕事も大事な業務なので体が鍛えられますし、上下関係もきちんとしているので、私のような体育会系の男性は居心地がいいです。失敗したら先輩社員がちゃんと叱ってくれますし、困ったときは助けてくれます。今年から部活ができるようになり、先輩社員とフットサルもはじめました。
仕事を任されることが多くなり、その際には担当営業マンに伝え忘れをしないよう逐一報告することを心がけています。いずれ営業マンになって、重い缶を運びつつ、数字も作れるようになりたいです。

経営ゲームにも慣れてきて余裕の表情。

写真:大林

入社間もない頃。まだ少し緊張しています。

総務部
大林 由香子
Yukako Obayashi
2013年入社。モリエンで働く社員に魅力を感じて入社を決めた。

先輩社員が、チームの垣根を越えて助けてくれます!

弊社は新入社員にもどんどん仕事を任せますが、それをサポートするシステムが整っています。私も入社後、数ヶ月で経理を任されました。最初は不安でしたが、チームの垣根を越えてたくさんの先輩社員が助けてくれたので大丈夫でした。ですので入社したら、いろいろな仕事を自分なりに楽しくやって欲しいですね。
また、弊社は全社員が決算書を読むことができ、会社の状況がわかっています。自分がどれくらい会社に貢献しているかもわかるため、働きがいがあります。

今は総務部責任者! モリエンの縁の下の力持ちです。